これで決着!?フローリングカビ対戦

日ごろから出来る!少しの意識で改善可能

湿度管理

そもそもカビが生えるのは、先ほど紹介した条件を全て満たしているからに他なりません。
裏を返せば、あの条件を満たさなければカビは生えないということなので、ここに焦点を当てて考えてみました。

まず1つ目の条件、温度について考えてみましょう。
これは日ごろの生活ではどうも改善しようがなさそうなので、2つ目の条件の湿度について考えてみます。
湿度は換気をすることで、ある程度改善させることができます。
夏場は特に湿度が高くなりがちなので、よりいっそう気をつけたほうが良いと思います。
また水をこぼしてしまったり、雨が吹き込んだり、水に関係する問題が起こったときは、後回しにせず直ちに処理に取り掛かることを強くおすすめします。
カビを生やさないコツの1つは、今すぐにやる!ということだと思います。

掃除をしよう

あの3つの条件を満たさなければカビは生えないということなので、ここに焦点を当てて考えてみましょう。
というのが先ほどの考え方でした。
次は3つ目の、餌について考えていきます。
人間は生活していく上で、大量のごみを出しています。
いろんなごみの種類があって、もやせないごみなどがありますが、今回は垢についてです。
人間は1ヶ月でポテトチップス1袋分の垢を出しています。
どうですか?
想像していたより多くの垢を出していると思いませんでしたか?
1ヶ月でこれだけの量です。
もしこの垢がフローリングに落ちていて、そのままになっていたとしたら、カビの良い餌になってしまいますよね。

そこで私が提案する予防法は、定期的に掃除をするというなんともシンプルなものです。


この記事をシェアする