フローリングにカビが生えないようにする方法

これで決着!?フローリングカビ対戦

敵を知り己を知るべし

フローリングにカビが生えるわけがない。
昔筆者はそう考えていました。
その考えのまま、特に気にせずフローリングを使い続けていたあるとき、カビを発見しました。
畳にカビを生やした経験はありましたが、フローリングにカビが生えるなど想像もつきませんでした。
畳でも十分厄介なカビですが、フローリングはさらに厄介です。
フローリングの奥のほうまでカビが浸透していると、カビとりのプロでも取れないことがあるほどです。
また、フローリングは畳のように張り替えるのが容易ではないですから、予防することが非常に大切です。

このサイトでは、フローリングにカビを生やさないための方法をいくつか解説していますが、1番効果があるのはこまめに掃除をすることです。
掃除をすることで、空気の入れ替えもできてゴミもある程度なくなるのでカビ防止になります。
また、雨漏りやなにかによってこぼれた液体などに気づくことができます。
当たり前に知っているかもしれませんが、水分の拭き残しからもカビは繁殖します。
湿度100パーセントのようなものですから、当たり前ですよね。
どのように気を配っていたとしても、カビが生えてしまうことがあるかもしれません。
そんなときでもあわてないようにしましょう。
発見が早ければ、カビもそんなに繁殖しておらず、奥まで浸透していないため割と簡単に落とすことができます。
このように、こまめに掃除をするとすぐ発見できるというメリットもあるので、掃除は頻繁にするようにしましょう。

エアコンや空気清浄機を試す前に、自分が気をつけて予防するということをまず実践してみましょう!